和式から洋式トイレのリフォーム事例【下野市トイレリフォーム】

和式便所から洋式トイレのリフォーム事例です。

洋式に変更したい。
寒々しい。
トイレのドアの開閉がきつくなった。
換気扇を設置した。
タイルの目地など掃除が大変。
しっくい壁が剥がれてきていつ落ちるか怖い・・・

といったご相談を頂きました。

向かって左側のしっくり壁が浮いてきていて
いまにも剥がれそうな状態でした。

基本的には、
壁面は石膏ボードか合板の重ね張りの上クロス

床面は、床下地・根太まで全て撤去したのち
根太・合板12mm+9mm+クッションフロワー貼り
という工程になります。

今回は掃除が簡単にしたいとのことなので
壁面の床から1.2m分は不燃化粧版(キッチンパネル)
を貼り付けました。

その他追加になったものが
ウォシュレットと換気扇の電源
換気扇の消し忘れを考慮して照明と連動の
換気扇を設置しました。

トイレ設置の際、悩む要素としては
手洗いのアリ・ナシ

通常通り、便座の後ろにあるタイプか
入り口の角にトイレと分離して設置するか?

分離する場合は
手洗いように、給水管と排水管を設置する必要があり
コストも若干かかってしまいます。

トイレが使いづらい
洋室トイレに変更したいなと思う方はお気軽に
ご相談下さい。

今回のトイレの壁は真壁といって柱が見えてしまう
構造ですが、柱の見えない大壁の場合は、壁内に
収納や飾り棚を設置することが出来ますので
コチラも参考にしてみて下さい。

リラックスできるトイレの作り方

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
新築住宅・増改築・リフォーム
屋根・壁の塗装・葺き替え、
 内装・トイレ・キッチン・浴室のリフォームなど
  お困りのことがありましたらお気軽にご相談下さい。

株式会社 山中商会  栃木県北若松原1-5-3
ホームページ:http://www.yamanaka-s.co.jp/

フリーダイヤル 0120(53)0250
携帯 080-1360-4605 せんば

お電話の際には、ブログ見たよーとお声をおかけ下さい(^_^;)

スポンサーリンク