間取り中心(太極点)の求め方

風水で良く言われる間取りの中心(太極点)の
求め方を質問されたので紹介したいと思います。

まずは中心(太極点)の考え方から

太極点は、間取りの大黒柱、コマでいったら軸になります。
よって、1つの家に1ヶ所になります。

1階・2階・3階で別々に設けることはしません。
1階で求めた点を2階・3階でも使いますので
注意してくださいね(^_^;)
ただし!

1階が駐車場で玄関・収納等しか無い場合は
2階で中心を求める場合があります。
※アパート・マンションの場合は、
一世帯を一つの家の間取りと考えています。

中心(太極点)の求め方は、
この3種類が一般的です。
状況に合わせて使ってみてくださいね。


■1/3法  だれでも簡単にできる方法です。

出っ張っている部分が全体幅の1/3を超える場合は、大きな四角として間取りに入れます。
出っ張っている部分が全体幅の1/3を超えない場合は、その部分を無いものとして考えます。
一番ポピュラーな中心(太極点)の求め方ですね♪


■分解法

左上
①中心が出せるようにブロック分けをして
それぞれで中心を求め、中心を線で結ぶ。

右上
② ①と違うパターンでブロック分けをして中心を求め
中心点を線で結ぶ

左下
③ ①と②の中心を結んだ線の交点が間取りの中心(太極点)になります。


■吊るし法 複雑な形をした間取りの場合

①間取りの外側のラインで綺麗に切り取ります。
※画用紙に貼る場合はノリ・テープの量で重さが変わるので注意してください。

②壁に両面テープで画鋲を張り付け
間取りの隅に穴を空け、写真のように間取り図面と5円玉を吊るします。
最低3ヵ所行います。

③線の交点を求め間取りの中心(太極点)を求めます。

3つ目の”吊るし法”が一番正確に間取りの中心が求められると思います。
ちょっと大変かもしれませんが是非、チャレンジしてみて下さいね♪

そして、間取りの中心(太極点)を求めたら、
その部分をチェック
 
冒頭に、間取りの中心は大黒柱・コマでいったら軸といいましたよね(^_^;)
という事は・・・
 
ここが散らかっていたり
換気がされていなかったら(^_^;)

整理整頓を心がける。
シンボルツリーを置く
シンボルアイテムを置くなど
意識付けると間取りが元気になります。
いろいろチャレンジしてみて下さいね♪

各部屋の小太極点の求め方はこちらを参考にしてみて下さい。

小太極点の求め方

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク