日光東照宮 眠り猫 一ヵ月半だけ起きていた(^_^;)

眠り猫

2016年11月28日、約60年ぶりに修復されたことは
皆さんも知っていると思います(^_^;)


今までの眠り猫 
『眠り猫』といえばこのイメージ

見事な眠り猫に修復されました。

が、言われないと気がつかないのですが
この眠り猫・・・

うっすらと目を開けて起きているように見えます(^_^;)

昨年11月にお披露目された日光東照宮(栃木県日光市)
の彫刻「眠り猫」が、お披露目から1カ月半ほど
「薄目を開けていた」ことがわかった。

彩色の担当者が両目が開いているように描いていた。
現在は改められ、目を閉じた表情となっている。

修復は大正、昭和期の図面を元に実施。
図面では目の彫りの部分が黒で塗り上げられているが、
彩色担当者は目の中央部分の黒さを強調し、
周りは薄いグレーの2色としたため
薄目が開いたような状態に。

「時代によっては薄目を開けていた」との伝承もあるというが、
同会は「確証はない」と1月に図面通りに塗り直させた。
                   ※朝日新聞抜粋

言われないと気がつかなかった
栃木県民として恥ずかしい(T-T)

今年の5月に行った写真は、
ちゃんと目が閉じていました。

日光東照宮 眠り猫 一ヵ月半だけ起きていた(^_^;)

と考えると、ちょっと面白いですね♪

日光東照宮 五重塔 陽明門 眠り猫 三猿 豆知識

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク