木製雨戸をアルミ雨戸に交換しました。

木製雨戸をアルミ雨戸に交換しました。

木製雨戸の木製の敷居が毎日の開け閉めで緩くなり
風でバタバタ音がしてウルサイ。
 
雨戸を開け閉めしいると外れてしまう時がある。
 
窓の幅2730mm(1間半)を2枚の引き違いにしているので
サッシの開け閉めが重い。などなど

和室のタタミをフローリングに交換するリフォーム工事と
合わせてサッシの交換工事を行いました。


※着工前

木製の戸袋を撤去
戸袋が接している壁・軒天井の補修の必要になります。


※完了

既存サッシを撤去して雨戸付きサッシを取り付けました。

サッシを解体してしまうと、お客様宅のセキュリティーが
ゼロになってしまうので、
解体してみないと分からない部分が多いので
サッシを撤去したら当日、新しいサッシが取り付くか
いつもドキドキしています(^_^;)

サッシは2枚引き違いから4枚に変更
もちろんLow-E複層ガラスを採用しています。

雨戸を閉めてもランマのサッシだけ空けておけば
換気ができるので、ガラスのみLow-E複層ガラスに交換しました。

集中豪雨、雹、突風対策・セキュリティ対策などで

開け閉めが重くなったシャッターを交換したり
既存サッシの雨戸を取り付ける依頼が増えています。

ちょっと気になるなぁと感じた方はお気軽にご相談下さい。

シャッターと雨戸を全て新しくしました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
新築住宅・増改築・リフォーム
屋根・壁の塗装・葺き替え、
内装・トイレ・キッチン・浴室のリフォームなど
お困りのことがありましたらお気軽にご相談下さい。

株式会社 山中商会  栃木県北若松原1-5-3
無料小冊子プレゼント中!!

フリーダイヤル 0120(53)0250
携帯 080-1360-4605 せんば

お電話の際には、ブログ見たよーとお声をおかけ下さい(^_^;)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク