玄関庇が傾いている

玄関庇の傾きの補修工事です。

玄関庇をよーーく見ると
庇の右側がちょっと下がっていのがわかると思います。

庇だけであれば片側の壁・柱で良いのですが
2階のベランダ脇の袖壁が庇に乗っているので、
長年の加重によって少しずつ下がってしまったと考えられます。
 
お客様に確認すると、
設計では柱が入っていたとか(-_-;)

玄関庇が傾いていると雨水が屋根の上に
溜まってしまい雨水がサビ・下地材の腐れの
原因になってしまうので、あれ?と思ったかたは
早めの対処をお勧めします。


※庇の傾きと合わせて外壁材もすべて交換しています。

庇の軒天井材を解体し庇の梁の状況を確認
雨水での腐れ等はなかったので、ジャッキで
少しずつ傾きを調整しながら、新たな柱を設置しました。
外壁と同じ外壁材を張り付けて完了です。

玄関は毎日2回、必ず見るところ。
傾きや、痛み・腐れ、雨水のモレやハネ等あると
やはり気になってしまうと思います。

玄関庇の天井に黒いシミが・・・
雨水がポタポタ垂れてる・・・
雨の時、水浸しになる・・・
玄関を出ても濡れないスペースが欲しい・・・

などありましたらお気軽にご相談下さい。

柱が設置できない玄関庇の傾き補修

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
新築住宅・増改築・リフォーム
屋根・壁の塗装・葺き替え、
内装・トイレ・キッチン・浴室のリフォームなど
お困りのことがありましたらお気軽にご相談下さい。

株式会社 山中商会  栃木県北若松原1-5-3
ホームページ:http://www.yamanaka-s.co.jp/

フリーダイヤル 0120(53)0250
携帯 080-1360-4605 せんば

お電話の際には、ブログ見たよーとお声をおかけ下さい(^_^;)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク