大谷石の雰囲気は残したい。化粧ブロック塀及びフェンス工事

角地の大谷塀・スチールフェンスの撤去及び新設の施工事例です。

スチールのフェンスなので錆びがちょっと気になる
大谷石塀も黒ずんで新しくしたい
門扉が傾いてしまって開けづらい
ポストの位置がかっこ悪いのでなんとかしたい。
カーポートの引戸門扉が重くて動かない。
でも大谷石の雰囲気は残したい・・・
などが相談内容でした。

既存大谷石の一段目を撤去する場合
既存地盤の掘削範囲が広がり、道路U字溝
もキズをつけてしまう可能性があるので
1段部分は残して、表面部をモルタル補修で仕上げました。

門柱の幅を広くしてポストを設置
現在の門柱のイメージは残しつつポストを
設置できてる材料を選択するのに苦労しました(^_^;)

引戸門扉を撤去して伸縮門扉を設置
既存地盤に勾配があるため片持ちタイプの伸縮門扉

右側の支柱に取り付く場所はキャスターが地面に
接地しますが、伸縮するときは基本浮いています。

伸縮門扉レール部が砂利などでスムーズに動かせない
場所の場合、片持ちタイプの伸縮門扉がお勧めです。

●仕様
化粧ブロック 本みかげ500 L490×H190×W120
門柱     本みかげ500 L600×H140×W250
門扉   三協アルミ ニューカムフィ2型0812 
伸縮門扉 三協アルミ エアリーナA型 両開き 34W(17S+17M)

その他の栃木県(宇都宮)のリフォーム事例はコチラから

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
新築住宅・増改築・リフォーム
屋根・壁の塗装・葺き替え、
 内装・トイレ・キッチン・浴室のリフォームなど
  お困りのことがありましたらお気軽にご相談下さい。

株式会社 山中商会  栃木県北若松原1-5-3
ホームページ:http://www.yamanaka-s.co.jp/

フリーダイヤル 0120(53)0250
携帯 080-1360-4605 せんば

お電話の際には、ブログ見たよーとお声をおかけ下さい(^_^;)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク